基礎化粧品はどのラインが重要?

基礎化粧品には、「さっぱり」系のラインと「しっとり」系のラインがあることが多いのですが、もちろんお肌の乾燥を防ぐために重要なのは、「しっとり」系のライン。
基礎化粧品による刺激がお肌へのストレスになる場合もあるので、比較的刺激の少ないものを選ぶのも重要です。

 

「しっとり」系のラインの中でも、価格が比較的安くてたっぷり使えるものから、カウンターで対面で購入するような高級品までさまざまです。
女性の肌はホルモンバランスなどによっても揺らぎやすく、一概に「安かろう、悪かろう」で判断できないのが、基礎化粧品選びの難しいところ。入っている成分に注目しながらも、例えば生理前と生理が始まってからで同じ基礎化粧品を使っても良いものか、お肌の具合を見ながら使う基礎化粧品を変えていくことも重要になってきます。

 

また、20代の頃はあまり肌が乾燥しなかった方でも30代になると途端に乾燥しやすくなったりと、年齢によっても乾燥しやすさが変わってきます。そのため、基本的には年齢を重ねるごとに、より保湿力の高い基礎化粧品を選ぶのがセオリーです。

 

基礎化粧品の中には保湿以外の効果を持った成分入りの基礎化粧品があります。その中で、美白系の成分はお肌を乾燥しやすくする働きもあると言われています。そのため、乾燥小じわの対策をしたいという時には、美白効果のある基礎化粧品を避けたほうが無難でしょう。

お肌の乾燥に注目すべき成分は?

 

お肌の乾燥で注目したい成分は、「セラミド」。お肌がもともと持っている保湿成分の中には、セラミドが多く含まれているためです。
セラミドを基礎化粧品からもとることで、自分自身の持っている保湿成分の働きが弱くなったとしても、ある程度補ってくれることが期待できます。

 

中でも、「ヒト型セラミド」が保湿力アップに効果的と言われています。
ヒト型セラミドは、文字通り人間の体に存在するセラミドとほぼ同じ化学構造を持つもの。つまり、人間の肌への親和性が高くなり、効果を発揮しやすいのです。

 

ヒト型セラミドが配合されている基礎化粧品は、かなり高価なラインに多くなっています。高い基礎化粧品は、もったいなくてつい使う量をケチりたくなってしまうかもしれませんが、目元や口元などの乾燥しやすい部分や、実際に小じわができている部分に集中的に使ってみるのもおすすめです。